5.7

誰かとわかり合うことなど無くていいと思うが(サミシーネ)、ただ「羊たちの沈黙」の素晴らしさとジョディーフォスターの美しさは、誰かとわかり合いたいものである。

新宿「萬太郎」に漂うワイルドサイドを歩く男1人、な雰囲気も、わかる人にだけわかるものである。


7.8に企画がある。(シツコイ)

そろそろ詳細をまとめたいのだが、予定が滞ってしまう部分もありうまくいかない。ロックンロールとは、丁寧で緻密な計画から来ているのだなぁ…なんて思ったり。バカ言え。