8.11 12

WONDAの極ブラックという缶コーヒーはうまい。缶臭さが少ない。こないだ飲んでびっくりした。

仕事中など缶コーヒーはそれなりに飲むのだけれど、ぶっちゃけコーヒーの味はよくわかってない。喫茶店に滅多に行かないからだ。1年に1、2回行けばいいほう。行くタイミングがわからない。仕事帰りはまっすぐ帰ってしまうし、友人との待ち合わせなんかの時間調整なども、本屋でもブラついたり、なんなら飲み屋に行ってしまう。行く機会がない。元来家が好きというのもある。これを喫茶店好きの友人に言うと「自発的に喫茶店に行ってゆっくりしたいタイミングがあるよ」という。俺にはそれがない。おいしいコーヒーも、喫茶店の雰囲気も、味わいも、流れるゆったりとした時間もわかってない、意識の低い人間なのだ。俺は。ただ、うまいコーヒーを嗜むようになり缶コーヒーなんて飲めたもんじゃない、という風にはなってしまいたくはない、などとまた意識の低いことも思ったりする。




公園ライブ、2DAYS終了。

撮影してくれた人も含め、2日間で5人、途中合流1人、終わりかけ合流4人と、盛況と言える結果である。感謝。いや、多謝。こんなDIY通り越して、個人の趣味の域を出ない催しに参加してもらえることには、本当に感謝しかない。ありがとうございました。

知人の映像をやっている人に映像を撮ってもらったので、何か良い演目があればアップしたい。少しずつ広げていく。広がっていく実感がありました。例え友達同士の交流であっても、友達の友達、またその友達…と、これでは完全にいいとものテレフォンショッキングだが。


公園でもライブが出来るのである。公的なルールに則って、予約や準備をし、順序を踏まえ、場所を借りてライブや企画をすることも、もちろん素晴らしいことだ。そこで作り上げられるものは大きい。ただ、公園で思い立った瞬間にライブができることの意味もあると思う。これはお店のコーヒーと、缶コーヒーのような違いかもしれない。手間はかかってないぶん、きっと広がっていくものは小さい。作り上げられるものも小さいだろう。ただ、歌があり、人がいるということは、ライブハウスでのライブと変わりないものだ。演奏を届ける、などという小っ恥ずかしいことが、音楽の全てだと気付く。

まぁもちろん仰々しいこと言っておきながら、外で缶ビール飲みながらダラーっとライブすんのって気持ちいいじゃん?ということが全てとも言えるが。

とにかくまた、やります。2日間、ありがとうございました。




8.11(金祝)

東高円寺 蚕糸の森公園


1.台風

2.夜の商店街

3.ハイ-ライト

4.黄色い夜

5.吉祥寺の鳥貴族で

6.千円

7.まちぶせ

8.桜を見たかい

9.ベティ・ブルー

10.新宿、高円寺、その他各駅


撮影 松岡真吾



8.12(土)

吉祥寺 井の頭公園


1.台風

2.夜の商店街

3.ハイ-ライト

4.まちぶせ

5.吉祥寺の鳥貴族で

6.吉祥寺(曽我部恵一カバー)

7.沈黙した恋人よ(欅坂46カバー)

8.朝

9.ベンチレーター

10.ミキ

11.新宿、高円寺、その他各駅

12.十三星


ゲストライブ/

こそねくん(Town)

ハーピー(shuto)

ももちゃん(shuto)

藤井さん