8.14

昨夜は久しぶりに大学時代からの先輩でもあり友人の宇都宮さんとゆっくり飲んだので、つい深酒をしてしまう。他の先輩なども合流して、結局朝まで。始発で帰る。高田馬場駅のホームから見る朝焼けはきれいだった。

14時ごろ目覚める。今日はお盆休み最終日。

 

銀行に急いで行って払込をしてから、家でギターを弾いた。思わず、曲が出来る。ここ数日で、弾き語り用の曲が一気に出来た。歌詞もすらすらと。ライブがしたくなってくる。

その後はだらだらと家でDVD。「野性の証明」を観る。前から観たかった。角川映画がバンバン飛ばしていた時期。初めはサスペンスだが、なぜかだんだんとねじれていき、ラストは戦車もヘリコプターも飛び出すアクション映画に。こんなトンデモ展開は嫌いじゃない。でも終盤、横たわる薬師丸ひろ子の隣で銃弾を装填する高倉健の表情と言ったらない。凄まじい顔。ここだけでも、この作品には価値がある。

 

夜は池袋で後輩、というか友達と飲むことになっている。

なので少し早く出て、今日も今日とて「美しの湯」で汗を流してから行くことに。清野とおるの「おこだわり」内で取り上げた、基礎体温プラス1度理論は本当なんじゃないかな。サウナと水風呂を往復して、しっかり悪い汗を出して体温を上げると、些細なことは気にならなくなる。前向きな思考になっている。

現在、サウナに向かう井の頭線の中でこれを書いている。車内はいい涼しさ。夕方の空はきれいだ。早く風呂に入りたい。後輩たちは気持ちいい連中。ゆっくり会って飲むのは久しぶり。楽しみ。

 

 

本当は、ここ最近起きたことを書こうと思っていた。企画が終わってから、色んなことが起きて、だいぶ参っていた。が、意外にも充実した休みが続いたので、書く暇が無かった。気がつけば、沈んだ気持ちは無くなっていた。持つべきものは友人(とサウナ)である。

 

高井戸に着いた。いい日暮れ。サウナ直行ではなく、露天風呂を覗いてみよう。